肝臓の疲労回復のために1番簡単なケア方法とは?

肝臓の疲労を回復するにはどうしたらいいの?

そう思ったあなたは、きっとお酒が大好きですよね(笑)

実は私もお酒大好きです!

ただ、40代になって急にお酒が残るようになり、

「万が一、自分の肝臓が悲鳴をあげたら家族は…」

と縁起でもないこが頭をよぎり、肝臓のケアについて真剣に考えるようになりました。

肝臓ケアって要するに、肝臓の疲労をいかに回復させるか?というのが大事ですよね。

肝臓はお酒のアルコールを分解するためなどに毎日文句も言わずに働いています。

毎日負担がかかるとさすがに疲れますので、その疲労を回復させてあげる必要があるわけですね。

そのための方法として私が色々実践した中で、1番簡単で満足感も高かったのが、実は「サプリ」でした。

その理由も詳しく解説しますが、まずはその肝臓ケアサプリの厳選ランキングを整理しましたので参考にしてみてはいかがでしょうか。

肝臓の疲労回復系サプリ★ランキングはこちら

そもそも肝臓の疲労とは?

肝臓は臓器の中で1番大きく、その役割も色々あります。働き者なんですね。

どういう場合に肝臓が疲労するのか、疲労した場合の影響なども簡単に整理します。

肝臓が疲労する原因負担をかけ過ぎる運動不足肝臓が疲労した場合の影響肝機能の低下アルコールの分解能力が低下するとお酒が翌日まで残って、いわゆる二日酔いの状態になったりします。

肝臓の疲労を回復させるには?

肝機能を回復させる方法負担をかけないサポートするような成分を補給してあげる肝臓とアミノ酸についてアミノ酸の中には疲労回復に役立つものがあります。

遊離アミノ酸の一種であるオルニチンのことであり、このオルニチンは肝臓の働きを助け、疲労回復にも効果を発揮すると言われています。

肝臓はお酒を飲む人でなくても、解毒作用と機能したり、脂っこい食事などで負担が増えると疲労しやすくなります。

その点で食生活や生活習慣も気をつけなければならない臓器で、加えてお酒を毎日のように飲むようであれば尚更リスクが高くなります。

オルニチンを多く含む食材には、しじみやマグロ、ヒラメ、チーズなどがあります。

しじみはお味噌汁で飲んで肝臓対策にしている人も多いようですが、毎日では飽きてしまいますので色々な食材を使ってバリエーションを持たせていくことが大切です。

体が疲れてなかなかその疲れが抜けない時、普段と変わらない生活を送っているのにも関わらず起こってしまうようですと肝機能の低下が疑われます。

肝機能が低下すると疲れやすくなり、ダルく感じたり倦怠感に悩まされる場合もあります。

肝臓は沈黙の臓器と呼ばれていますのでよほど重度でなければ傷みなどは起こらないと言われています。

体内で栄養素の分解や合成、解毒作用が上手くいかなくなると体調面に影響が出てきます。

特に解毒作用が低下すると大変ですので、オルニチンを上手く活用していくことが大切ですね。