肝臓の疲労回復のために1番簡単なケア方法とは?

肝臓の疲労回復ってどうすればいい?

そう思ったあなたは、きっとお酒が大好きですよね(笑)

実は私もお酒大好きです!

ただ、40代になって急にお酒が残るようになり、

「万が一、自分の肝臓が悲鳴をあげたら家族は…」

と縁起でもないことが頭をよぎり、肝臓のケアについて真剣に考えるようになりました。

肝臓ケアって要するに、肝臓の疲労をいかに回復させるか?というのが大事ですが、実際にどうすれば肝臓の疲労を回復させられるのか、最初はピンときませんでした。

それで色々と詳しく調べてみると、大きく分けて3つありました。

  • 食生活の改善
  • 適度な運動
  • 肝臓ケア用のサプリ

その中で私が実践して1番簡単で満足感も高かったのは、実は「サプリ」でした。

と言いますか正直なところ、食生活の改善や適度な運動ってなかなか続きません(汗)

ただ、もしあなたが肝臓の疲労回復のために食事の改善や運動をやる!と心に決めて行動できればそれで十分に肝臓の疲労回復は期待できるはずです。

とはいえ、私もそうでしたが「実際には難しい…」というのが本音(汗)

そこで今回、肝臓ケアサプリの厳選ランキングを整理しましたので参考にしてみてはいかがでしょうか?

私の場合、疲労を引きずって毎日どんよりした生活の時は人生が全然楽しくなかったんですが、肝臓ケアサプリを飲むようになってすごく前向きで楽しい生活に変わったので本当に良かったです。

肝臓の疲労回復系サプリ★ランキングはこちら

肝臓の疲労回復の前に豆知識

肝臓の疲労を回復させると言っても、肝臓の全体像が分からないと理解が難しいかもしれませんので、次の点について簡単に解説します。

  • そもそも肝臓がどんな機能を担っているのか?
  • 肝臓の疲労ってどういうこと?
  • 肝臓が疲労する原因とは?
  • 肝臓疲労の影響は?
  • 肝臓疲労をどう回復させればいいのか?

肝臓の機能について

肝臓は臓器の中で1番大きく、その役割・機能も重要なものを担っているんですよね。まあ、文句も言わず働く偉いやつです。

その役割・機能というのは、代謝・解毒・排泄など人間の体の機能の大事な部分を担っている臓器です。

例えば、解毒機能で体内のバイ菌やウィルスを外に出したり、食事などで取り入れた栄養素を体内で利用できるエネルギーに変える代謝機能などがあります。

肝臓の疲労ってどういうこと?

肝臓は大事な機能を担っていますので、肝臓が何らかの原因でその機能が低下してしまうと、その担うべき機能を100%まっとうできない状況になります。

肝臓が疲労するというのは、肝臓に負担がかかり過ぎて本来の役割を十分にこなせない状況だと言えますね。

肝臓が疲労する原因とは?

肝臓に負担がかかり過ぎるものが肝臓の疲労の原因になります。

例えば、食べ過ぎ、高タンパク・高脂肪の食べ物、お酒の飲み過ぎ、他にも運動不足も肝臓に悪影響を与えると言われています。

肝臓が疲労した場合の影響は?

肝臓が疲労した場合に身体にどのような影響があるのか、分かりやすい例はお酒でしょうか。

お酒は百薬の長と言われていたようですが、飲み過ぎは害になるのは間違いありません。

そもそも身体はアルコールそのものを毒とみなしますので、本来は飲まないのが1番良いはずなのですが…

まあ、お酒好きの私としてはそんな議論はいったん置いて(笑)

肝心の影響の件ですが、アルコールを飲み過ぎた場合など、肝臓がアルコール分解を頑張り過ぎてヘトヘトに疲れてしまいます。

そうなると肝臓が本来の機能を十分に行えない状態で、機能が低下してしまいます。

その状態でまたお酒を飲んだら、アルコールを十分に分解できないままになり、いわゆる二日酔いの状態になったりします。

肝臓の疲労回復は大事

肝臓はお酒のアルコールを分解したり、他の機能をこなすために毎日文句も言わずに働いています。

毎日負担がかかり過ぎるとさすがに疲れますので、その疲労を回復させてあげる必要がありますよね。

肝臓の疲労を回復させるには?

肝臓の疲労回復方法はいくつかあります。

考え方としては、肝臓に負担をかけ過ぎない点や、肝臓の疲労回復をサポートするような食事や成分を補給してあげるのも1つの選択肢ですね。

肝臓の機能を修復するのに役立つと言われる栄養素

  • オルニチン
  • タウリン
  • スルフォラファン
  • アリシン
  • アラニン
  • セサミン
  • オメガ3脂肪酸
  • ビタミンB

その他、肝臓の疲労回復方法

  • 肝臓の機能を弱めると言われる鉄分を抑える
  • 食べ過ぎない
  • お酒を飲み過ぎない
  • 大豆製品を積極的に摂る

等々、食事や生活習慣に関わるものがけっこうありますね。

>>肝臓の疲労を回復する方法はこちらより

肝臓とアミノ酸について

アミノ酸の中には疲労回復に役立つものがあります。

遊離アミノ酸の一種であるオルニチンのことであり、このオルニチンは肝臓の働きを助け、疲労回復にも効果を発揮すると言われています。

肝臓はお酒を飲む人でなくても、解毒作用と機能したり、脂っこい食事などで負担が増えると疲労しやすくなります。

その点で食生活や生活習慣も気をつけなければならない臓器で、加えてお酒を毎日のように飲むようであれば尚更リスクが高くなります。

オルニチンを多く含む食材には、しじみやマグロ、ヒラメ、チーズなどがあります。

しじみはお味噌汁で飲んで肝臓対策にしている人も多いようですが、毎日では飽きてしまいますので色々な食材を使ってバリエーションを持たせていくことが大切です。

体が疲れてなかなかその疲れが抜けない時、普段と変わらない生活を送っているのにも関わらず起こってしまうようですと肝機能の低下が疑われます。

肝機能が低下すると疲れやすくなり、ダルく感じたり倦怠感に悩まされる場合もあります。

肝臓は沈黙の臓器と呼ばれていますのでよほど重度でなければ傷みなどは起こらないと言われています。

体内で栄養素の分解や合成、解毒作用が上手くいかなくなると体調面に影響が出てきます。

特に解毒作用が低下すると大変ですので、オルニチンを上手く活用していくことが大切ですね。

肝臓の疲労回復系サプリ★ランキングはこちら

肝臓の疲労を回復する食べ物

肝臓に良い食事、食べ物を積極的に摂ることはとても大事です。

特にお酒を飲む場合は、なかなかお酒をやめられないと思いますので食事のほうで意識を高めたいですね。

肝臓に良いと言われる食べ物は、

  • 緑黄色野菜
  • レバー
  • 大豆製品
  • 魚介類

などがあります。

緑黄色野菜は、ブロッコリー、カボチャ、ほうれん草など。

大豆製品は、お豆腐、納豆、おから、枝豆など。

魚介類は、特にしじみ、青魚、牡蠣など。

いずれも手頃な価格で比較的手軽に摂取できると思いますので意識して食事に取り入れたいですね。

>肝臓の疲労を回復する食べ物の詳細はこちら

お酒を好む人が肝臓の疲労を回復するには?

お酒が好きな場合は、ついつい飲み過ぎる時もあると思いますが、肝臓に大きな負担がかかりますので注意が必要です。

そして深酒をしないよう心掛けたうえで、食生活の改善も同時に行う必要があります。

鉄分も肝機能を弱めてしまう働きがありますので鉄分を控え、肝臓に良いとされる栄養素を積極的に摂取しましょう。

ビタミン類やセサミン、タウリンやオメガ3脂肪酸等の栄養素も肝臓に良いと言われていますので意識して摂りたいですね。

そしてお酒好きの場合は、さらにサプリでサポートするのもおすすめです。

肝臓の疲労回復系サプリ★ランキングはこちら

肝臓が悪い時の自覚症状

肝臓は沈黙の臓器と言われるぐらい痛みをなかなか感じない臓器ですが、自覚症状がいくつかありますのでチェックしてみましょう。

  • いつも疲労感が残っている
  • 日中でも眠気が強い
  • 熟睡できない
  • 肩や首が凝りやすい
  • 足がだるい
  • 食欲があっても食後もたれやすい
  • 腹が張る
  • 右悸肋部の鈍痛
  • 手足が冷えやすい
  • 手のひらや足の裏に汗をかきやすい
  • 脊柱の痛み
  • 爪が白くなる
  • 肌荒れやシミの増加
  • 息切れ

等々。

肝機能低下の症状でかゆみも出る?

上記の他、かゆみが出るケースもあります。

その原因としては、血中にビリルビンや胆汁酸などの物質が増加すると、皮膚の末梢神経に刺激を与えるのです。

ですので、その刺激の影響でかゆみが生じる場合があるということです。

>肝臓が悪い時の自覚症状について詳細はこちら

肝臓が悪いと太る?

肝臓の機能が悪くなると太ると言われています。

そもそも肝臓がどんな働きをしているか整理すると、その理屈も分かりやすいかもしれません。

肝臓の働き概要

肝臓は、食事で摂取した栄養を代謝したり、エネルギーとして貯蔵して必要な時に使います。

また、アルコールなどの有害物質を解毒したり、老廃物を流す胆汁を作るなどの働きがあります。胆汁は脂肪の消化吸収を助ける消化液でもあります。

つまり、肝臓の働きが弱るとこれらの仕事を十分にこなせなくなります。

例えば、食事で摂った栄養の代謝が悪くなったり、アルコールなどの解毒作用が弱ったりするわけですね。

そして、使いきれない脂肪や糖は肝臓に貯められたままになります。

その状態で食べる量などが同じであれば脂肪はどんどん溜まっていき、結果的に体が太っていくわけですね。

>詳しい内容はこちら

肝機能が低下した時の検査値ってどれぐらい?

肝臓に関わる数値はいくつかあり、それぞれ基準値がありますので健康診断などで定期的にチェックしたいですね。

  • ALT(GPT)
  • AST(GOT)
  • γ-GTP
  • ALP(アルカリホスファターゼ)
  • 総ビリルビン

それぞれ基準値がありますので、その基準値以内に収まるようにしたいですね。

ALT(GPT)…基準値は【30 IU/L以下】

AST(GOT)…基準値は【30 IU/L以下】

γ-GTP…基準値は【50 IU/L以下】

ALP(アルカリホスファターゼ)…基準値は【100~325 IU/L】

総ビリルビン…基準値は【総ビリルビン:0.2~1.2 mg/dL】

>肝機能が低下した時の検査値の詳細はこちら

肝臓の疲れを取るツボはある?

身体が疲れたと思った時に疲労回復のために、マッサージなどでツボ押しが気持ちいいですが、肝臓が披露した時にも効果的なツボが実はあります。

肝臓に効果なツボは次の6つと言われています。

  • 老宮(ろうきゅう)
  • 陽池(ようち)
  • 太衝(たいしょう)
  • 曲泉(きょくせん)
  • 肝兪(かんゆ)
  • 行間(こうかん)

それでは1つずつ、ツボの場所などチェックしてみましょう。

>肝臓に効果な6つのツボはこちら

肝臓の疲労回復についてのまとめ

肝臓の疲労の原因や、肝臓の疲労回復のために必要なことなどを整理してきましたが、いかがだったでしょうか?

実際に自分でできるものは実践していくことで肝臓の負担を軽減したり、機能を回復させることが可能かもしれませんので頑張りたいですね。

ただ、そういうものは生活習慣を変えたり、継続することがとても大事になりますので、なかなか難しい面があるのも事実です。

可能なものはなるべく取り入れ、そのサポートとしてサプリなど比較的簡単にできるものを取り入れて併用するのも効果的ではないでしょうか。

 

肝臓の疲労回復系サプリ★ランキングはこちら