肝臓の疲労を回復する食べ物とは?

肝臓に良い食事、食べ物を積極的に摂ることはとても大事ですよね。

特にお酒を飲む場合は、なかなかお酒をやめられないと思いますので食事のほうで意識を高めたいです。

肝臓に良いと言われる食べ物は、緑黄色野菜、レバー、大豆製品、魚介類などがあります。

緑黄色野菜

ブロッコリー、カボチャ、ほうれん草などの緑黄色野菜は、ビタミンやミネラルが豊富に含まれています。

特にビタミンA、ビタミンC、ビタミンEは抗酸化ビタミンと呼ばれ、活性酸素を除去する働きがあると言われています。

活性酸素は身体に悪い働きをしますので、それが取り除かれると肝臓にも本来の働きが発揮され、解毒機能・代謝機能の高まりが期待されます。

レバー

レバーにはアラニンと呼ばれる成分が含まれ、肝臓の解毒機能を高めると言われています。

また、レバーには貧血予防にも良いとされていますので貧血が気になる場合はレバーを食べるのが良いでしょう。

大豆製品

大豆製品には良質な植物性タンパク質が豊富に含まれています。

タンパク質はダメージを受けた肝臓を修復する働きがあると言われていますので、身近にあるお豆腐や納豆などを積極的に撮りたいですね。

なお、タンパク質の摂取は、植物性タンパク質だけでなく肉などの動物性タンパク質も合わせてバランス良く摂ると良いとされています。

魚介類

しじみ、青魚、牡蠣などの魚介類にはタウリンが含まれており、このタウリンが肝臓の働きを活性化させると言われています。

しじみや牡蠣がタウリン豊富だというのは有名な話ですよね。

肝臓の疲労を回復する食べ物まとめ

いずれも珍しい食べ物ではありませんよね。

値段も手頃で比較的手軽に摂取できると思いますので意識してみてはいかがでしょうか。

肝臓の機能が高まれば身体も疲れにくくなりますので、これらの食べ物を積極的に摂ることで肝臓の解毒機能と代謝機能が高まるならぜひ実践したいですね。

なお、食事だけで肝臓の疲労回復に十分な栄養素を摂取するのはなかなか難しい面もありますので、補助的にサプリでサポートするというのは効果的な考え方だと言えますよね。

肝臓の疲労回復系サプリ★ランキングはこちら

 

 

関連記事

肝臓の疲労を回復する方法とは?

肝臓が悪い時の自覚症状

肝臓が悪いと太る?

肝機能が低下した時の検査値ってどれぐらい?