肝臓の疲労を回復する方法とは?

肝臓の疲労を回復するというのは、肝臓の機能を回復させるという見方も出来ます。

本来の機能を十分に行うために肝臓に元気になってもらう。それによって解毒機能や代謝機能が活発になり、より健康的な身体に、というのが理想ですよね。

その機能を十分に発揮してもらうためには疲労を取り除いてあげることですが、いくつか方法があります。

肝臓の疲労回復

肝臓機能の低下による疲労が原因の場合、いくつかの方法により肝臓そのものの回復が可能です。

肝臓に良い栄養素を摂る

肝臓の機能を修復するのに役立つと言われる次のような栄養素を取ることで回復のサポートが期待できます。

  • オルニチン
  • タウリン
  • スルフォラファン
  • アリシン
  • アラニン
  • セサミン
  • オメガ3脂肪酸
  • ビタミンB

食べ物では

  • スルフォラファンを多く含むアブラナ科の「ブロッコリー」や「芽キャベツ」など。
  • 肝臓の解毒を助けるアリシンが含まれる「ニンニク」や「玉ねぎ」など。
  • フラボノイド効果やペクチン効果により肝臓の炎症を防いだり浄化する「りんご」や「グレープフルーツ」など。

鉄分、脂質を控える

鉄分は肝臓の機能を弱めると言われており、鉄分の多い食品を控えることで肝機能が改善することが多数報告されています。

そのため、鉄分が多く含まれる食品は控えた方が良いかもしれません。

また、コーヒーやお茶や含まれるタンニンは鉄分の吸収を阻害してくれるため、 鉄分が多い食事をする場合、コーヒーやお茶と一緒に摂るのが効果的です。

禁酒・断酒する

アルコールの分解は肝臓に過度の負担をかけます。

お酒の成分エチルアルコールは肝臓に運ばれ、酵素によって「アセトアルデヒド」と「水素」に分解されます。

アセトアルデヒドは酢酸と水素に分解されて炭酸ガスと水になり体外に排泄されます。

このアセトアルデヒドが血液中に増えると悪酔いの状態になります。

厚生労働省の発表

厚生労働省の発表では、 日本酒で約7合(約1.26L)を毎日10年以上飲み続けた場合約20%、 15年以上飲み続けた場合では約50%に肝硬変が生ずると発表しています。

厚生労働省による多量飲酒者の定義は一日あたり「日本酒3合(約540ml)=アルコール約60g」を飲む人としており、 適量を「アルコール約20g以下=日本酒0.9合以下」、最も死亡率が低い人を「アルコール9g以下=日本酒0.4合以下」としています。

このことからも、アルコールが身体に悪影響を及ぼすというのを理解して、お酒との付き合い方を見つめ直すのが良いかもしれません。

やはり、お酒の量を減らしたり、飲酒の回数を減らしたり、またはスッパリとお酒を断つ決断も肝臓の疲労回復のために必要かもしれませんね。

アルコール性肝疾患の行き着く先は「肝硬変」という怖い病気です。お酒を飲む場合はそのことを肝に銘じて飲みましょう。

ダイエットする

身体が太りすぎて体内の脂肪が増加すると肝臓に負担がかかり、肝疾患の発症率を高める危険性があります。

無理なダイエットはおすすめ出来ませんが、適度な運動を生活の中に取り入れることで、体内の余計な脂肪を減らし、肝臓への負担を減らすと疲労回復につながります。

食べ過ぎない

食べ過ぎにで余計な脂肪が溜まっていくのも良くないですが、食べ過ぎることで消化・分解などの負担が増え、肝臓の疲労につながります。

高タンパク・高脂肪を避ける

高タンパク高脂質な食べ物は、その他の栄養素を処理するよりも負担がかかると言われています。

また、過酸化脂質は肝臓にとって有害なものですので気を付けたいですね。。

食物繊維を摂る

海草やきのこ類などに多く含まれる食物繊維は、腸内細菌の状態を良くして腸内からのアンモナイトの吸収を抑える働きがあります。

大豆製品を積極的に摂る

大豆製品はアミノ酸のバランスが良く、消化吸収されやすい低エネルギーな食べ物ですので積極的に摂りたいですね。

また、過酸化脂質を抑え肝臓を再生させる働きがあります。

食品添加物を避ける

食品添加物や農薬などの有害物質は、肝臓に負担をかけますのでなるべく摂取しないようにしたいですね。

ビタミン・ミネラルを摂る

肝臓が代謝を行う場合にビタミンやミネラルも大事です。そのため緑黄色野菜、果物、乳製品などを意識的に摂りたいですね。

肝臓の疲労を回復する方法まとめ

いかがだったでしょうか?

肝臓の疲労回復方法は、普段の食生活や生活習慣を意識して変えるだけで出来るものがほとんどではないでしょうか。

それはそれで難しいのが現実ですが、肝臓への負担がどれだけ悪影響があるのか、よくよく考えると出来る対策から始めるのが良いかもしれません。

それでもなかなか始められない場合、手軽にケアできるサプリが案外やりやすい対策なのかもしれませんね。

>肝臓の疲労回復系サプリ厳選ランキングはこちら

 

関連記事

肝機能が低下した時の検査値ってどれぐらい?

肝臓が悪い時の自覚症状

肝臓の疲労を回復する食べ物とは?

肝臓が悪いと太る?