肝機能が低下した時の検査値ってどれぐらい?

肝臓に関わる数値はいくつかあり、それぞれ基準値がありますので健康診断などで定期的にチェックしたいですね。

中でもγ-GTP(ガンマGTP)という数値はお酒を飲む人にとっては身近な数値かもしれませんね(笑)

健康診断でもお酒が好きな人の場合は、このγ-GTPをまっさきにチェックして、高かったとか低かったというので自分のアルコールの飲み過ぎ度を計っているかもしれません。

もちろん、このγ-GTPも大事な検査数値の1つですが、それ以外にも肝臓の状態を見るうえで参考になる数値がありますのでチェックしてみましょう。

ALT(GPT)

基準値は【30 IU/L以下】

細胞内でつくられる酵素で、主に肝細胞に存在しています。体内でのアミノ酸代謝やエネルギー代謝において重要な働きをします。

AST(GOT)

基準値は【30 IU/L以下】

細胞内でつくられる酵素で、肝細胞や心臓や腎臓などの臓器に多く存在しています。

体内でのアミノ酸代謝やエネルギー代謝において重要な働きをします。

γ-GTP

基準値は【50 IU/L以下】

肝臓や腎臓などで作られる酵素で、毒性のあるアルコールや薬剤などが肝細胞を壊したり、結石やガンなどで胆管がつまったときなどに血液中に出てきます。

ALP(アルカリホスファターゼ)

基準値は【100~325 IU/L】

肝臓のほか腎臓など身体の色々な細胞で作られる酵素です。

通常、肝臓では毛細胆管膜に多く、胆汁中にも存在します。

乳製品やレバーなどに多く含まれる物質(リン酸化合物)を分解する働きがあるとされています。

総ビリルビン

基準値は【総ビリルビン:0.2~1.2 mg/dL】

ビリルビンは、古くなった赤血球が破壊される際に生成される黄色い色素で、血液で肝臓に運ばれて胆汁中に捨てられます。

肝臓で処理される前のビリルビンを「非抱合型(間接)ビリルビン」といいます。

一方、肝臓で処理された後のビリルビンを「抱合型(直接)ビリルビン」といいます。

両方あわせて総ビリルビンです。

肝機能が低下した時の検査値まとめ

肝臓のチェックといっても普段見慣れない検査値になりますので、変に気にしすぎるのも良くなと思いますが、このような数値で肝臓の健康状態をある程度チェックできるということですので、覚えておきましょう。

もちろん、これらの検査値を元に改善が必要な場合は、そのための対策を実行するのが大事です。

その中でも、食事の改善や運動などの対策はそうそう簡単にできないケースもあると思いますので、そういう場合は肝臓のサポートという意味で最近は肝臓ケアとしてサプリが人気ですね。

私も飲み過ぎた次の日の朝がキツかったんですが、サプリでサポートするようになってちょっと気持ちも変わってきましたので、補助的なサポートとして心強い存在になっています。

肝臓の疲労回復系サプリ★ランキングはこちら

関連記事

肝臓が悪いと太る?

肝臓の疲労を回復する方法とは?

肝臓の疲労を回復する食べ物とは?

肝臓が悪い時の自覚症状